kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

機動戦士Zガンダム 名も無きキャスト・2

☆前回からの続きになります。


第2話 旅立ち

クワトロ隊は早速ガンダムマークⅡを捕獲する為にグリーンノア1、コロニー内で迎撃に来たジムⅡ隊 約4機〜を相手にします。

出てきました。 我らが「ジムⅡ」です!

燃え上がれ、燃え上がれ、燃え上がれ〜ジムⅡ〜♬

いいですね〜いいやられっぷり!一年戦争「名やられ役」の改良版!復活です!

ここ第2話ではリック・ディアスとジムⅡの性能差を存分に楽しめるシーンであります。

ロベルト「大尉、いいんですか?」(いいんです!)

クワトロ「コロニーへの多少の損傷もやむを得ない。ここまで来てマークⅡを見るだけとは」

ここから「モビルスーツ戦」のテーマ曲が流れるが、なんと言っても艦隊戦の交響組曲「戦争と平和」はティパニの連打から始まる。名曲です。これをイメージして見て頂ければリック・ディアスとジムⅡの戦いの白熱さが伝わると思います。

交響組曲「機動戦士Zガンダム」 II. 戦争と平和

交響組曲「機動戦士Zガンダム」 II. 戦争と平和

  • 飯森範親 & 大阪市音楽団
  • クラシック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

早速クワトロ機がジムⅡ 一機を速攻落とします。

TP1(ティターンズパイロット)「クラーック!」(と聴こえますが…)

TP1「こっちは何故当たらないんだ!」(乱射してます )

ロベルトがクレイバズーカを放ち、見事に当たる。

TP1「速い!」

と言って爆死しました。

TP2「こんな旧式のジムじゃ追いかけられない!」

といって下方からビームが直撃したのか爆死。爆破の瞬間を見れましたが、ちょっとリアルで爪が剥がれているのなんか、見てしまうとなんか心が痛いです...←嘘つけ!

戦死したパイロット2人の階級章は中尉のバッチをつけています、ジムに乗ってると言うことはうーん。ティターンズ?連邦軍パイロットでしょうか。

「カーク。クラーク。クラック。」名前を呼ばれただけでも凄かったんでしょう。うーん多分これも中尉だったんでしょうね。

実際の空軍戦闘機のパイロットは士官が乗りますよね。少尉はまだ訓練不十分。中尉からですかね、パイロットとして充実しているのは。大尉は中隊の隊長といったところですか。

TP3「好きにしやがって!」

照準を合わせますが合いません。

TP3「速い、速すぎる、まるで赤い彗星じゃないか」(はい、相手は赤い彗星でした...)

と言い残し爆死。

クワトロ「アポリー!ロベルト!遅れるなよ」からのリック・ディアスの急降下。

クワトロのリック・ディアスが地を這い(地面スレスレのクワトロ機!ここ最高!)、アポリーロベルトと続く...。シャアについていけるだけで、アポリーロベルトもさすが歴戦の有志と言ったところですな。

リック・ディアスの運動性能についていけず、パイロット能力の差もありジムⅡ が見事に地面に転落激突死。

TP4「グッ!アッ!アーッ!アーッ!」


そして本部ビル方面にたどり着き、カクリコンのマークⅡを発見した(このクレイバズーカの持ち方がカッコいい)。


クワトロ達がガンダムマークⅡをカミーユと共に奪取成功中、なんと!ロベルトがピンチに陥る!

ロベルト「た、大尉ーっ!」

唯一リック・ディアスを追い詰めそうになったジムⅡ のパイロット、土壇場でロベルトにビームサーベルを握った手を掴まれぶっ飛ばされる。そこにはクワトロ機がいた。

TP5「なんだ、2機いたのか。」

と平凡なセリフを残して頭部を見事爆破。コックピットは無事っぽいので、死亡はしていないと見られる。

この間、クワトロ隊と戦ったのジムⅡのパイロットの声優さんは恐らく、ロベルト役の塩屋浩三氏、メーズン・メックス役の小滝進(現・大滝進矢)氏、マトッシュ役の沢木郁也氏、カクリコン役の戸谷公次氏で連携してアフレコされてると予想。何百回聴き直しても誰が誰だか判別できない。

叫んだ声など、アストナージ役の広森信吾(現・森しん)氏に似てるんですが、まだクレジットに出てきてません。

「なんてこった...甘い!甘過ぎる!俺は!」


この後エゥーゴへの追撃でジェリドがハイザックで出るが、上官らしきパイロットにこう言われている。

TP6「ジェリド・メサ中尉、その機体には慣れていないはずだ、無理はするな」

ってやはり、ジェリドは地球では陸戦用ジムを乗っていたの?要は宇宙には慣れていないってことね。言い訳か...

しかしアーガマからのメガ粒子砲の嵐によってジェリド以外、爆死。多分あのジェリドに注意した、中尉も爆死。中尉、不注意、なんて無残な死に方。

てゆうか、ハイザック...

モノアイ...カッケー!

ジムより、ザク・・・なの?

これまではっきりセリフを言うか、画面に現れた無名のティターンズパイロットは6人でした。もっと繰り返し見れば意外で新たな発見があるかもよ!

という事でまた第1話から見直します(笑)。

テンポよく2、3、4話と続きたかったんですが、なんせ第2話はリック・ディアスとジムⅡの名試合ですから1本にしましたよ。この後ジムⅡとの戦いはジャブローまでお預けになりますからね。貴重なシーンです。

ジムⅡで迎撃に出て戦死した戦士に哀悼の意を表します。

ジムⅡ 隊へ、黙祷!(-人-)ナムナム…

第2話は関田 修氏が演出されていました。

そして次回は第3話 カプセルの中へ続きます。

☆本日もお読み頂きましてありがとうございます。


アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村