kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

スーパー61 アメリカの墜落

米国が介入したソマリア内戦、モガディシュの戦い。

今から26年前の1993年の10月3日〜10月4日に行われた、ビル・クリントン政権時代に行われた軍事作戦。米軍指揮官はウィリアム・ガリソン少将。

統合特殊作戦コマンド(レンジャー部隊とデルタフォースによる)で、当初はソマリア民兵の将軍と副官二人を捕らえる任務であったが、米軍とソマリア民兵の間で激しい市街地戦に突入し、米軍に甚大な被害をもたらし、またソマリア民兵と市民は1,000人以上もの死傷者を出した。30分程度で終わらせるはずの特殊任務が一夜を明けて15時間の戦いとなった。

その要因となったのがブラックホークMH-60(中型多目的軍用ヘリコプター・UH-60)の墜落事故から始まった。

リドリー・スコット監督が「ブラックホーク・ダウン」で映画化している。とても良く作られているが、実際の戦闘とはかけ離れたものである。

米軍は特殊任務とはいえ市街地戦で何千人という民兵市民相手に戦うということは、非常に難しいことだと思い知らされたことだろう。その後のイラク戦争でも市街地戦では苦を強いられて、事実上の米軍撤退である。

この作戦は綿密に練られただろう作戦が一機のヘリ撃墜から、大量の死者を出したところに問題がある。

実際の民兵によるRocket-Propelled-Grenadeによる撃墜映像は映画よりも酷いだろう。


これが実際のスーパー61墜落の映像である。


スーパー61が墜落後、さらに2機目のスーパー64も墜落し、レンジャーとデルタフォースは市内からの撤退が出来なくなった。急襲部隊を撤退させるために空中にホバリングしながら、地上に着陸回収することは難しくブラックホークを出せなくなったからだ。

地上部隊のハンヴィーは市内に張り巡らされたバリケードにより市外へ出るのに、大幅な時間がかかり多数の米軍兵士が亡くなった。降下したレンジャーとデルタフォースは民兵と戦闘になり市外への脱出が困難になった。


米軍から市街地戦を学ぶ自衛隊員の様子。


確かに戦闘経験数では米軍の方がはるかに上だ(当たり前だが)。しかし米軍が有事における戦い方を自衛隊に教えているとは思えないし、この通りに教育されていると思うとやはり自衛隊は米軍の派遣(下請け)軍隊としか思えない。果たして自分達(米軍)が戦闘のノウハウ、手の内を晒すだろうか?

日本はやはり米国の属国のままでいるのだろう…か?

私は日本国民として戦争は望まない。

自前の軍隊を持つか?米軍の傘下のままでいるのか?

どちらも茨の道であるが、今回改憲を望むだろう自民党与党が改憲議席をなし得なかったが、結果与党は圧勝とも言える参院選を終えた。

このままだと今後の次の次の選挙も与党は改憲議席まで想定し選挙戦を実行して、きっとそれは達成するだろう。何故ならば消費税も財務省の思い通りに達成されたからだ。

その先にあるのは何か?自衛隊戦争へ、いや日本国防軍の戦地への派遣である。

米軍からオスプレイやF-35を大量購入、イージス・アシュアを導入したり、日本の兵器ローンはもう大変なことになっている。米国に「買え!」と迫られると「No!」と言えない防衛省。一体防衛省は何から何を防衛してるのか?

戦前の大日本帝国海軍の自前で開発生産した戦艦長門や武蔵、そして大和、戦闘機零戦の優秀さ思うと日本という国はもう軍事技術において自由が効かない国になってしまった。

確かに自国で従来の最新ステルス兵器やイージス艦を開発生産するのには無理な話で、米軍から購入した方が安いに決まっているのだが、米国からの兵器購入予算は高騰し続けている。

また、もし米国と反目になった場合、アメリカから兵器購入している自衛隊は、米軍はボタン一つですべての軍事システムを止めることが出来る。

そうなったら日本は他国に領空侵犯されてもスクランブルさえ飛ばせない。

EUはイギリスと共にドイツも力を失い、アメリカ一強が続き、ロシアも経済力を落とし、中国も停滞してる感は否めない。

ならば…自民党政権が米国に逆らえないのならば、選挙で自民党を負かすことが出来ないのならば、世界の中で米国の力が無くなりその終焉を待つしかない。

米国はそろそろ、また戦争を起こさなければアメリカの経済政策が落ち目なのはトランプの動きを見ていてよく分かる。事実一部の日本国民以上にアメリカ国民のほとんどは鬱憤が溜まっている。

日本の自衛隊が米国によってイラン、もしくは北朝鮮との戦いに巻き込まれないためにも、一刻も早くアメリカの暴走を世界は止めなければならない。

いつの話だ?と言われそうだが、確実に遂行出来たであろう、作戦計画であったのにも関わらず失敗し、ブラックホーク・スーパー61が墜落したように、アメリカもいずれ墜落することになるはずだ。

ちなみに戦闘ヘリ「Black Hawk」の名はインディアン・ソーク族の酋長の名(ネィティブ・アメリカン)から取ったものである。

言えば福井の高速増殖炉もんじゅの「文殊菩薩」の名を付けたようなものである。このような兵器に偉人や仏様の名を付けたらこういう事が起きるのである。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。