kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

神棚 簡易設置 御神札の祀り方

元日に彼女と初詣に『出雲大社 函館教會』(はこだてのおしえのにわ)に行って頂いてきた『御神札』(おふだ)。

今日は仕事帰りに買い物をして来ました。

本来『出雲大社御玉串』は神棚を作り祀るべきなんですが、神棚がある家の習慣に育ってなく知識も乏しい為、以前から要らないだろうと考えていました。

自宅には仏壇もあり本来そちらがメインで手を合わせているのですが、今回御神札(みしるし)を購入して最低限の祀り方をしようとみきっぺ(id:charlotte102)に聞いたりして自分で色々調べていました。

本格的にするならば一からやらなければならないので、神棚を購入し「御神札」をお宮の中に入れて祀らなければならないので大変です。

宮司さん曰く「最終的に『心』と『気遣い』が一番大切」とのこと。無理して大枚はたいてお金だけ使っても意味が無いそうです。

だから自分の神様に対する信心といつも綺麗に毎日掃除をして、手を合わせて祈り念ずれば問題のないことだそうです。そのうち続けていれば立派な神棚を購入する考えもあります。

まずはせっかく御神札を買ってきたので早く祀らなければなりません。貼付する場所を綺麗に掃除をして壁の汚れを取りました。


まずは『剱先守護札』を貼付

災禍事が入り込まぬように玄関先に貼付してお祀り致します。玄関の高いところへ両面テープで貼り付けました。

『御神札』は全て表面が『南』か『東』方角に向くようにお祀り致します。

何故方角が大事なのかというと太陽に近い『南』と太陽が上がる『東』で明るく高い天に近い場所、そして清浄な場所がもっとも神様の理想な場所だからです。

この『剱先守護札』は自宅からちょうど表面が『東』を向いてます。コンパスを使いましたがビックリするほど真東を向いてぴったりです。最高です。

仏壇も出来れば同じ「南」か「東」方角へ向くように置きます。仏壇の場合は諸説あるので部屋の配置上難しければ問題なさそうですが、『御神札』と向かい合わせで設置するのは「対立祀り」と言われ「家相的には凶」と言われているのでやめたほうが無難です。


次は『関札守護札』を貼付

災禍事を除いて頂くよう台所(厨房)、または部屋などに貼り付けしてお祀り致します。

こちらは台所がある部屋の高い所に貼付しました。方角はこちらも『南』の方角を向けました。ピッタリ南です。うちは1DKのアパートで狭いので部屋の方へ貼りましたが、台所よりの一番高いところに貼付しました。


本番『出雲大社御玉串』を祀る

さて、今回簡易設置として購入してきたのがセリアやダイソーで売られている「インテリアウッドウォールバー」これを神棚に見立てて祀ります。

あくまでも簡易設置なので「それはあなた間違っているよ」と言われるかもしれませんが、無理してまで立派な神棚買うより、現在早急に必要なのでまずこれでいいんです。

基本仏壇大切にしてますので。今回設置した『御神札』も毎日綺麗に大切にします。簡易神棚の真下や周囲にはごちゃごちゃしたものは置かずに、常に清掃するように気遣います。

さて、取り付けた「インテリアウッドウォールバー」なんですが、そこには「出雲大社御玉串」をまず中央に置いて、何れ近々に左右に地域の氏神様の「御神札」を用意します。今のところは出雲大社の「御神札」だけでよいでしょう。

左右に並ぶ候補としては「大谷地神社」か「白石神社」か「豊平神社」になると思います。

そして神棚の上には神様ですからその上には人間は居てはいけません。うちは集合住宅の1階ですので2階に人が住んでいます。

みきっぺからそれは天井に「雲」か「天」と書いたものを貼ると良いよと言われました。これもこだわればきりがありません。しっかりと宮司さんや神主さんに書いて貰ったほうがいいとか言うことですよね。

調べたら結局本当に気持ち(心)の問題なんですよ。

自分で書いたっていいんです。私はどうしょうか?と迷ったところ...そう言えば叔母(書道家)の書いた文字に「雲」か「天」はないか?と探しましたが、断捨離で捨ててしまっていました。

しかし前に叔母の書道教室を手伝っていた時の資料でピッタリのものを見つけました!

「天」です!

しかも真裏には弟「宇宙」「宇」が!

宇宙は天より高いではありませんか!(そういう解釈にさせておいてください…)

はい!設置します!東向きです。

シンプルでカッコイイじゃないですか!

これから毎朝夕、祈りを念じたいとおもいます。

この場所に掛けてた函館の夜景叔母が書いてくれた「孝」の色紙母の写真の横と下に貼りました。

うーん!いいです!


最後に『両福神画像守護札』を額に入れる

福を招いて頂くよう神棚の台座か部屋の壁面に貼付しお祀りします。

これにはいつも姿を見られるように「だいこくさまを拝みましょう」ということで簡易設置のすぐそばに掛けることにしました。

家内安全、商売繁盛すべて諸々の願い幸福を福の神だいこくさまより授けていただきましょう。

完成です!

明日から毎日祈ります。

一、朝に祈れば「勇気」生まれる

一、夕に祈れば「感謝」生まれる

一、正しく祈れば「健康」生まれる

一、続けて祈れば「長寿」生まれる

一、静かに祈れば「智恵」生まれる

一、共に祈れば「和合」生まれる


最後までお読み頂きましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村