kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

好きだから続けること・食生活のありがたさ

食は大切であります。

とかく暴飲暴食は良くない。


食への冒涜

日本にはフードファイトという変わった文化があります。

職業なのかなんだか知りませんが、一時昔テレビ(今でもなのか?)で大食い選手権、早食い選手権ともてはやされました。

現在YouTubeでもフードファイターという方達が動画をアップされているのですが、この前に高須クリニックの高須幹弥氏の動画を見て、やっぱり「なるほどな…」と思わされました。

あんなに何キロも大量に食事をして何故か、大食いと呼ばれている人達は…皆痩せている…。

昔から噂されている…大食い番組終了後「全て吐いている」は有名な話ですが、ギャル曽根さんの「彼女は特殊体質で実は吸収不良症候群」とテレビで話題になってから、大食いタレントと呼ばれる者達は「実は自分もそうなんです、私もそうなんです、俺もそうなんです。」と視聴者を納得させてきました。

本当に大食いタレントと呼ばれる者達が、お金を得るため、有名になりたいがために(実はテレビ局側の強い意向もあり、食べさせられている。だからメディアマスコミは癌でしかない)、ただ食べては吐いて食べ物を無駄にしているのであれば、殺生された命を無視していることになります。

高須幹弥氏は医師としての見解を示した。

「彼ら、彼女らのほとんどが摂食障害という精神の病気」だと。

有名な大食い・早食いチャンネルのYouTuberはほとんどが、食べた後吐いて戻しているという。それは見た目の異常な痩せ方と、吐きダコと呼ばれる手の傷跡から見て取れるようです。あと彼らの特徴が大食いをしながら「水を大量に飲む」という行為。あれは水を飲むことによって吐き出しやすくするためにあります。

YouTubeで大食い・早食いと検索するとかなりのフードファイターなる者達がヒットします。彼らはそれを生業として生活しているのかも知れませんが、仮に一度に何万カロリーの食事を大量摂取しては吐き出して、食べたものを捨てているとします。それは道徳や倫理にかける行為だといえないでしょうか。

YouTube動画内ではコメ一粒、麺や汁を残さず綺麗に食べて完食していますが、その後吐き出していては全く意味が無い本末転倒です。

彼ら彼女らの「好きだからやっている」は、もはや「命を粗末にしている」にならないでしょうか。

また食べた者を吐くだけの繰り返しですから「自分にも出来る!」と真似する者も現れるでしょう。大食い・早食いは常に危険が付きまといます。

続けていれば内蔵を酷使して臓器はボロボロになり、胃の粘膜は薄くなりすぎて出血し、吐くことを繰り返すために逆流性食道炎から食道癌になる可能性も考えられます。若い大食いYouTuberが真似をして喉を詰まらせて死ぬかも知れません。実際に事例はあります。

だから大食い・早食いYouTuberは、私は一切見ませんね。

食事において好きだからって、暴飲暴食をエンターテインメントとして、お金儲けにしてはいけないのです。なんなら普通に満足いくまで食べて「太っている」ほうが実は“健康”なんです。

でも「デブ」(太ること)になることは「大食=GLUTTONY=罪」であり、人間として怠惰なのは間違いないです。欲望のままに食欲を増大させる行為は、自分の健康を省みずダイエットすることを怠っているのですから。


食の健康と考え方

  • 身体に良いと思って、好きだから食べまくる。

  • 身体にあまり良くないと思って、でも好きだから食べまくる。

どっちが良いか?と言えば前者です。

菜食主義者と非菜食主義者(anti-vegitarian)がいます。菜食主義の方でも潜在的には「やはり肉が食べたい」と思い、「でも自分の健康の為に肉食は駄目!」と実はあまり好きでもない野菜ばかりを食べていては、逆に健康に良くないんです。

食べて幸せを感じる。これが健康なんです。

だからと言って、大好きな肉だけを食べているのは、栄養のバランスに欠けるのは事実です。

食べることについての考え方もそうですが、何事もバランスを取るのが大事だと思いますね。

私は実に健康オタクでもあります。それは本心から好きだから、調べたり、続けられて身体の調子も良いと思えるからです。

皆さんにも一人一人の健康法があります。食に関しては特に、みんな同じに!とは当てはまらないのが真実のところでしょう。

一日一食が健康法の人もいれば、一日三食、いや四食食べるのが健康法だという人もいます。

四食食べるからといって同じ量を食べる訳ではないと思います。食の回数を増やすことによりその分摂取カロリーも増えますから、一度に食べる量を減らすのが必要だと思いますね。

つまり一日の摂取カロリーを先に決めてしまう。一般論的に男性なら一日2,800kcalまで、女性なら2,000kcalまでとし、食事の回数は自由。人によっては食事は決まった時間に摂るというのも健康法の一つだと思います。

ただ一日一食や二食だと、一日の摂取カロリーは減ることになるでしょう。でもこれも健康的な食事方法だと思います。自分も以前続けていたことがあります。


好きだから続ける自分の健康法

私も今年の2月から飲酒の癖がつき、飲酒の量がグンと増え、インターネット生放送をはじめてから毎日のように飲酒をするようになりました。

しかしインターネット生放送をきっぱりやめてから、飲酒をするのをやめています。何故なら不健康だし、やはり体に負担を感じるようになったのです。

生配信の放送枠をあけるたびに「飲酒」の癖がついてしまった。もちろん仕事が始まる朝は「酒」が残り(年齢的なものもある)、身体がダルい。

断酒をはじめてからというもの、睡眠はスッキリ取れるし、夜更かしをすることが無くなりましたね。何しろ身体の調子が良い!

食生活は自炊でなるべく栄養バランスを!と考えるのですが、食費は抑えたいのでやはり炭水化物を中心占める傾向は仕方がないと。まあ野菜に関しては、個人的に生野菜はあまり日本人の体には合わないと考えていますので、野菜には火を通すようにしてます。

日々健康に関しては毎日排毒・デトックスするのが一番良いです。飲酒と軽度な暴飲暴食から、また以前の健康法に戻しています。あとウォーキングなどの運動も欠かせませんね!

ブロッコリースプラウトはかれこれずーっと2年以上続けていますが、発芽玄米とブラックシードオイルとぬちまーすはストップしていました。3月から始めた紅茶キノコは絶賛継続中です。

ここで、またこの発芽玄米を再開してブラックシードオイルはコスト高の為、同様の成分を持っているリノール酸、EPAとDHAを含む「亜麻仁油」を毎日飲む、そして毎日塩水を朝にコップ一杯飲むというサイクルをまた続けようと思います。

ブラックシードオイルについては、今後また亜麻仁油から変えて見るかも知れません。その位ブラックシードオイルは良いんですが、うーん…高いんですよね、本物のブラックシードオイルは。悩みどころです。

そんなこんなで今後も継続していきたいですね。

★最後までお読みいただきましてありがとうございます。