kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

COBRA 編「コブラVSパンジの巻」drakeフィギュアシリーズ第2話

☆前回「フィギュア会派閥抗争勃発戦争『コブラ立つ』」の続きになります。

(なお、コブラは野沢那智様、レディは榊原良子様、クリスタルボーイは小林清志様でお送りいたします)


COBRA VS パンジ


FIGHT!

コブラ「まずは先手必勝だぜ!」


パンジ「このやろう、ぶっ叩く!必殺パンジ闘牛拳!!!」

コブラ パンジ『どおおおおおおりゃゃゃゃー!!!』


✨キラーン✨


コブラ「こっちから行かせてもらうぜ!」

身の程知らずだぜ!お前さんは!

(タンタ「ボーッ...」)

コブラ「うわわぁ、ひゃあっほぅー!」

パンジ「おらーっ!」

「ズシーン !!!」💢💨

コブラ「ひえぇー!なんて奴だ、オイ!どけてくれ!つぶされちまう!」

パンジ「ゆるさん!」


ギュイーンー!

ドドドドドドー!


パンジ「くたばれや!ゴミクズ!」(下品ですいません💦)

バチコーン!💥💥💥

パンジ「いでー!!!」


パンジ「いてーよ!いてーよー!💦」


コブラ「どうだ、俺のサイコガンは無敵だぜ!教える気になったかよ、それともまだやるかい」

パンジ「わかった、おしえる。ごめん。いたい。」

コブラ「...で奴らのアジトは何処なんだ?」

パンジ「あのブルーボトル見えるべ?あそこにいる」

コブラ「あ、あれは、海賊ギルドの象徴の塔じゃないか?」

レディ「もしかしたら今回の一件...ギルドが一枚噛んでるかもよ、コブラ...気をつけないと!」

レディ「そう言えば、ボーイは何処へいったの?見当たらないわ…逃げたの?もしかしてクリスタルボーイの...!」


コブラ「有り得るな…俺達を引っ張り出したのは奴の仕業かも知れない...ん?」


クリスタルボーイ「コ、コブラ、貴様、俺に向けて腕を撃っておいて、何をいっておるのだ...」


コブラ「ひーっ、わりぃ、わりぃ💦」

クリスタルボーイ「まぁ、オレの体はあいにくライブクリスタルで出来ているから問題ない。鉛の弾を跳ね返すほど強く、女の肌のように柔らかい...」

コブラ「そんなことは聞いていない、ボーイ。今度もギルドの仕業か」

クリスタルボーイ「オレは知らん。海賊ギルドから足は洗ったのだ…」


コブラ「ひとまず、行く先は決まった!ブルーの塔へ向けて出発だ!」

パンジ「いたい、血が出てきた」

コブラ「おう、怪我の消毒にはこれを使いな」

レディ「これも渡しておくわ」

パンジ「ありがとう」

パンジ「気をつけていってらっしゃい...ポクポク...」

コブラ「あばよ!元気でやんな!」

レディ「またね、パンジ」


◆次回「七つの傷を持った男の巻」(今回もあまり話の展開進まず申し訳ございません...迷走しながらの作成です(笑))

☆本日もお越しいただき誠にありがとうございます。


アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村