kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

東京の従兄弟が函館に来たァ…

「今日は何着て行く?」と妻に聞かれて「えっ?あるもの…」と答えたが、やっぱり人と会う時に服装は考えないと駄目かなと反省。

服にもあまり興味無いし無頓着。自分で買ったものといえば革ジャンくらい。

とりあえず頂いたものコーディネートで揃えてみた。

緑のセーターは叔母から今月の誕生日プレゼント。カーディガンは妻のお母さんから昨年クリスマスプレゼントで頂いたもの。チノパンは妻から一昨年クリスマスプレゼントで貰ったもの。ドクターマーチンの靴は弟からプレゼントで貰った。アクセサリー類や蛇革財布は妻からプレゼントされたものなど。

あとはシングルのライダース羽織って、これで完璧でしょ!

妻の仕事終わりに迎え行って一緒に函館空港で従兄弟夫婦へのお土産を買いに行った。

従兄弟がワイン好きなので函館ワイン“年輪”“283”と函館カールレイモンのサラミを購入。

長男が18時までバイトなんで19時までに五稜郭方面「成吉思汗物語 らむ若」さんへ向かいます。


成吉思汗物語 らむ若 到着!

うーん。

正直に言うと、あんまりこういう親戚付き合いって得意じゃないんですよ。従兄弟でも少々苦手かな。

少人数でないと無理な性格なんですよ。

出来ればマンツーマンで対応できる2人。

3人以上になると途端に話せなくなる。それがストレスになる。これは45年生きてきてなかなか解消されない問題である。

ぶっちゃけ家族には言いずらい悩みですかね。

家族でもそう。例えば家では長男と2人だと話せたりする。だけどそこに妻が帰ってくると会話に参加しずらくなる。

これは次男でも妻のパターンでも同じ。

親戚付き合いもマンツーマンだとあまり苦にならないけれど、3人以上に集まると無理くさい雰囲気が自分の中で漂う。例えば妻と妻のお母さんと3人の状態とかね。

もうこんな自分を許すというか、無理に変えなくてもいいかと思っている。

意外と大丈夫だったのが、生前の母と弟の3人。あとナカムと弟の3人。そう考えると気にしないでいられるのは付き合いの長さなのかもと思った。

そんなこんなで成吉思汗物語 らむ若に到着すると従兄弟夫婦が着席していた。

従兄弟の兄ちゃんとは去年の叔母の葬儀以来、従兄弟の奥さんとは一昨年の12月に会って以来1年ちょっと振り。でもそんな長らく会ってない感じはしなかった。

みきっぺは従兄弟夫婦に一度会っただけで息子2人は初顔合わせである。なるべく居ずらくない雰囲気を作ろうとしたがワインが進んだ従兄弟のマシンガントークが止まらなくて、その心配はいらなかった(笑)。

あれ?この兄ちゃんってこんなに喋り好きだったろうか?と思うほど。

会話の合間では従兄弟の奥さんがジンギスカンをひたすら焼いてくれて、焼きあがったのを皆で食べた。奥さんありがとうございました。

驚いたこのお店のジンギスカン。「牛肉?」ってくらいに肉が柔らかくてびっくり。 「本当にこれ羊なの?」羊肉と思えない肉の香り。

この五稜郭公園通りの近辺のお店、実はお高いお店が多く立ち並んでおりこちらもそのひとつ。

正直、こういう時でなければ来れないかな?( ´∀`)ハハハ

東京の八王子に住む従兄弟なんですが、実は凄いんですよ。簡単に言えばセレブ。兄ちゃんに言わせると「そんなこたぁない!」と軽くぶった斬られますが、実際お金持ちですよ。それは会計で「ぐぬぬ…」とされた。

類は友を呼ぶ。ある種こういうのは引き寄せだから、こんな身内が自分の従兄弟だってのは自慢の兄ちゃんですよね。

さて、この“成吉思汗物語 らむ若”さん。ジンギスカンがメインメニューなのですが、サフォークラム、生ラム、マトン、タン、ユッケ生肉とまぁ豊富。飽きない味付き肉の種類、わさび漬け、ガゴメ昆布、岩塩、バター醤油、壷漬けなどですが…

一番旨い!と思ったのはバジルソースのチーズフォンデュ。

チーズとラム肉がこんなにも合うなんて思わなんだ。

あとは生肉系。これは生ラムのたたき。

ユッケもかなり美味しかった。

そんなこんなであっという間に2時間は過ぎてしまった。みきっぺは運転で飲めないけどいつものようにたくさん笑っていた。俺は何とか酒の力を借りてコミュニケーションを維持した(笑)。

長男と俺は血液型が同じA型で性格も似てる方。長男の様子を見ていて居づらそうだな…と感じ、帰りの車の中で「居づらかったでしょ?」と聞いたらビンゴだった(笑)。

従兄弟夫婦にお土産を頂いたんですが…それを上回る程にいただいてしまった。びっくり金額がハンカチに包まれたお祝いまでいただいた(贈与税は1人年間110万以内)。

本人達には聞かなかったけど、もしかして入籍日に合わせてわざわざ函館まで来てくれたんだろうか…?とかみきっぺと話した。

よく旅行に来る従兄弟夫婦はとにかく函館が好きらしい。そんな函館に住む奥さんと結婚が出来たなんてなんて縁だろうか?

さて会計方法なんだが、、、

なんとPayPayだった!

ひと皿肉が4、5枚乗っててだいたい千円以上。それを肉と一緒に次男はライス大を3杯食べた。俺も生ビールかなり飲んだし食べた。

だからお会計は「えっ?そんな金額ってPayPayに入れるもんなんですか?」って感じ。

そしてお礼を言って「また会いましょう」と全員で握手をして別れた。長男と次男のことも気遣ってくれて本当に優しい兄ちゃんだわ。

貰ったお土産。乃が美の高級「生」食パンとブルーベリージャム。

トーキョーAUDREYのグレイシア。

とても美味しかった。兄ちゃんと奥さん、ありがとう☺️

俺が中学〜高校の時代にかけて東京のNECに就職した兄ちゃんは東京から札幌に夏休みや年末年始で帰って来る度、映画や食事やボウリング、ゲーセンにと色んなとこ連れて行ってもらって…お年玉もたくさんもらって…

まったくあの日と変わらない兄ちゃんの姿。

今度はこちらから従兄弟夫婦に喜んでもらう企画をみきっぺと考えたいと思う。

皆さんにお祝いしていただき本当に感謝の言葉しかありませんね。

そして一番に感謝したいのは長男と次男ですね。

あっちゃんとチー、ありがとう😊

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。